自動車購入なら融資を受けよう、その名もオートローン

自動車を新車で購入するとなると、もちろんピンキリですが税金も含めて100万円は下りません。100万円を一括で払えるほど資金があるなら問題ないのですが、問題があるのであなたもこのサイトをご覧になっているのかもしれません。安心して下さい。資金は融資してもらえます。しかも自動車購入のための専用融資があります。その名もオートローンです。

オートローンとは販売信用の一つです。つまり、信販会社がお客の代わりに立て替えて代金を支払うことです。形態としてはクレジットカードと同じと思って良いでしょう。オートローンの場合、自動車の購入の為のローンになります。このオートローンは、信販会社に加え銀行や信用金庫、JAバンク、労働金庫などの金融機関が取扱っています。

その信販会社が扱うオートローンは、自動車クレジットとも呼ばれています。大まかに流れを言うと、お客が自動車販売会社で車を購入→信販会社が審査・購入代金立て替え→お客が融資金を分割で返済、というものです。もし仮に返済が延滞したり貸し倒れしても、自動車販売会社はリスクなく販売代金を得る事ができるので、販売会社は販売に専念できるオートローン(自動車クレジット)を活用する傾向にあります。

それとは対照的なのが銀行等の金融機関提供のオートローンです。金融機関のオートローン利用の場合は、自動車販売会社はノータッチです。利用者が自ら銀行に出向く、またはインターネットバンキングなどを通じてオートローンを申し込むことになります。審査が通ると融資を受けられ、その後毎月口座振替で返済していくことになります。金融機関でのオートローンを申し込む場合留意しておかなければならないのは、銀行側のリスク管理の為、審査のハードルが信販会社のそれより少し高めに設定されているという点です。一定の勤続期間や収入があるといった事柄が前提として審査されます。

信販会社のオートローンでも金融機関のそれでも、お金を借金することには何ら変わりがありません。新車をせっかく手に入れても毎月の返済が滞ると、その車と同時に夢も失うことになります。オートローンを組む前にしっかりと費用を計算し、返済計画をたてましょう。





このページの先頭へ