どうせ借りるなら無利息が良い!そんな融資ってある?

一般的常識ですが、お金を借りる場合ただでは借りられません。どこからでもお金を借りた場合には、利息をつけて返さなければなりません。ですから人間の心理として考えるのは、利息が安いところ、願わくば無利息で借りたい!と思うわけです。結論から言いますと無利息でお金を借りられるところもあれば、低金利で借りられるところもあります。それぞれにメリットデメリットがあり、借入の為の条件も定められています。それらを具体的に説明していきましょう。

まず最初に紹介したいのは、あまり多くの人に知られていない融資制度です。それは役所が提供している「小口融資制度」というものです。これは生活資金や入院費の補填、災害時の一時金の為といった理由で行なわれる融資制度です。緊急時の一時費用という条件が定められていることが多いので、その点には注意が必要です。しかし役所によっては産業融資という形の小口融資制度を備えています。またそれぞれの融資制度によって融資額や条件も異なりますから、まずは自分が住んでいる町の役所はどんな融資制度を準備しているか調べてみると良いでしょう。思わぬ融資制度を行っているかもしれません。

無利息を謳う消費者金融もあります。もちろん条件付きです。○○日間無利息というものが多いです。その○○日間のうちに借りたお金を返せば利息は支払わなくて済みます。10万円借りたら10万円だけ返せばOKです。ただし、基本的に新規契約後初回限定サービスによるものがほとんどですから、一度きりの利用になるかもしれません。短期間で返す見込みがある時に利用すると良いかも知れません。

たびたび融資が必要という場合は、ノーローンをフル活用する手もあります。○○日間無利息という消費者金融業者を探してお金を借りればOKです。毎回期限までにお金を返せば、次にお金を借りる時も期間限定とはいえ無利息でお金を借りる事ができます。ただしせっかくのノーローン業者でも期限までに返済できないと、次からは利息付きでの融資ということになります。期限を必ず厳守し返済することによって、お得な融資を得られるというわけです。

お金は大切ですが、使い方や借り方、返し方も非常に重要です。お金の管理の仕方をきちんと学びながら、資金繰りを行っていくことにしましょう。





このページの先頭へ