融資のための担保として、自分の車は利用できますか?

できます。自動車を担保としてどのように融資を受けられるか、詳しく説明していきます。

仕事で急に事業資金が必要になったから融資が必要、今月のお小遣いが足らないからちょっとだけ融資が欲しい。そんな時には車担保ローンがオススメです。車担保ローンとはどんなしくみなのでしょうか。よく不動産担保ローンというのは聞くかもしれません。不動産を担保にして融資を受けるわけです。この車担保ローンも、文字通り車を担保として融資を受けるわけです。

この車担保ローンを利用する時でも、一般的なものは車を手放す必要がありません。車を毎日使用していても、車担保ローンを利用することができるのです。またローン中の車であっても、低年式車であっても、どんな車でも融資を受けられます。車の担保ですから、今現在の自分の借入状況、過去の借金経験、全く関係ありません。まずは車担保ローン取扱業者を探して相談してみると良いでしょう。

どんな流れで融資を受けられるかと言いますと、まずはお店に行く前に電話をします。車に関して情報を伝えると審査が可能かどうか分かります。融資が可能かだいたい分かったら、次は車を乗ってそのお店に行きます。店員さんが車をチェックするためです。店員さんが車をチェックして、その後契約書を交わし現金を受け取り契約完了です。大まかな流れはこうなります。特に難しいことはありません。

お店によっては専門スタッフが出張してくれる場合があります。それはお店によって異なりますから、まずは適当なお店探し。その後来店すべきかそれとも出張サービスがあるか確認すればOKです。車は毎日乗らず、乗るのは週末だけといった場合、あまり使わないその車を活用して現金を借りる事ができるわけです。とても便利ですよね。しかし十分注意が必要なのは、車が担保とは言えあくまでも融資を受けるというのは借金をしていることと同じです。期限までにお金を返す必要があります。そこの点を勘違いせず、借金はなるべく早く返済しましょう。





このページの先頭へ