個人事業者のニーズにあった融資はココに!新銀行東京

個人事業を営んでいると、経営の資金繰りの為に、または顧客への支払い等、突然まとまった資金が必要になる時があります。ほんのちょっとの資金があるだけで、すべては順調!というような時、目に留まるのが各銀行の融資サービスです。とりわけ個人事業者向けの融資は、それぞれのニーズに合った融資を行ってくれます。とりわけ目につくのは「新銀行東京」の個人事業者向け融資です。ここで簡単にご紹介致します。

新銀行東京での融資はいろいろあります。一般事業資金融資や売掛債権担保付ローン(うりサイくん)、公共工事代金債権信託(コントラスト)、東京都中小企業制度融資や新保証など、顧客のニーズに合った融資法が用意されているのです。

一般事業資金融資は、お客の事業内容や将来性をふまえて運転資金や設備資金などの必要な事業資金を融資してくれます。うりサイくんこと売掛債権担保付ローンは売掛金を担保として資金調達できる融資法です。公共工事代金債権信託はというと、公共事業発注者の信用力に応じた資金調達が可能になる融資です。また、東京都中小企業制度融資ですが、これは東京都で制度化している中小企業の事業者に融資する商品となっています。新銀行東京はとにかくさまざまな融資商品を用意しているのです。

ちなみにこの新銀行東京とはどんな銀行でしょうか。この銀行は東京都の銀行と言えるでしょう。2004年に東京都がBNPパリバ信託銀行の全株式を取得、株式会社新銀行東京を設立した時にこの銀行の歩みが始まりました。発行済み株式の80%以上を東京都が保有しています。つまりバックには東京都の大きな支援がある銀行なのです。頼りになる銀行です。

この銀行が個人事業主に融資をしてくれるというのですから、借りる方も嬉しくなります。是非融資を活かして事業を成功させることにしましょう。





このページの先頭へ