最短で当日から利用できます!融資の為のカードローン

生活の資金繰りにちょっとだけ資金が足りない、明日は大切な支払があるが給料日は来週…。こんな時必要になるのがカードローンです。しかしカードローンの定義は間違えやすいのも事実です。クレジットカードやローンカードといった融資法と、意味を取り違えてしまう傾向にあります。ここでカードローンの定義をはっきりとさせておきましょう。

「カードローン」とは、銀行や協同組織金融機関が提供する融資を指します。それら金融機関が発行するキャッシュカードを利用し、貸出枠の範囲でATM等を通して資金を貸し付けるもの、これがカードローンです。また、キャッシュカードを用いずに、ネットバンキング等でカードローン口座から普通預金口座への振替で貸し付ける形態もあります。

それとは対照的に、金融機関や貸金業者が発行するクレジットカードを利用するローンはクレジットカードローンと総じて言われます。また消費者金融を除く貸金業者が発行するカード(クレジットカードを除く)を利用するローンはローンカードです。消費者金融が発行するカードでのローンはサラ金カードと区別されて言われる場合があります。これら融資の種類をはっきり覚えておきましょう。

このカードローンのメリットは、たいていの場合金利が貸金業者よりも低いという点です。また金融機関によって多少異なりますが、カードローン返済に指定した普通預金口座が口座自動振り替えで仮に残高不足となると、カードローン利用範囲額で自動的に立て替えてくれるサービスがあります。自動融資機能と言われているこの機能で、資金繰りがより便利になっています。もちろんデメリットも存在します。例えば、金利が変動制の場合、金利上昇リスクがあるという点が挙げられます。

多くの銀行がこのカードローンを扱っていますが、最短で当日から融資が可能です。例えば三菱東京UFJや三井住友銀行、みずほ銀行といった日本が誇る3大メガバンクがこのカードローンを扱っています。他にも多くの銀行がこのカードローンを扱っていますので、自分の好みの銀行、またはサービス内容を比較して選択すると良いでしょう。





このページの先頭へ