事業を興すのに必要な融資、借りる為の条件とは?

事業を興すとなると、その事業の大小に関わらずまとまった資金が必要になります。その資金を自分の手持ちだけでは賄いきれない場合、やはり融資に頼るしかありません。融資の定番と言えば銀行ですが、銀行ももちろんただでは融資をしてくれません。審査があります。その審査に通って初めて資金を借りられることになります。では銀行が審査をする時、債務者となろうとしている人のどこを見るのでしょうか。その条件とはどんなものか見てみましょう。

結論から言いますと、銀行は二つの点を見ます。そのうちの一つは返済能力です。そしてもう一つが担保・保証能力です。返済能力、つまり確実に借りたお金を返すことができるか。担保・保証能力、お金を返せなくなった時の万が一の場合の返済能力、この2点がポイントとなります。この二つの点が最低条件なのです。しかし、新規開業者がこの二つの点を証明するのが非常に難しいと言われています。なぜなら実績がないからです。

銀行というのは、実績を見る、つまり数字を見ます。過去の実績がどうだったかです。しかし、新規開業者は実績がありません。ですから実績がないと申請すら難しく、銀行も得意な数字の分析ができません。門前払いになる可能性が高くなるのです。

え~、じゃあ融資は無理?と焦ることでしょう。いいえ、焦る必要はありません。他にも手段はあります。銀行というのは民間金融機関ですが、公的金融機関でも融資のサービスを提供しています。その公的金融機関というのが日本政策金融公庫です。以前は国民生活金融公庫という名称でした。ここで融資の申請をしてみることができます。

公的金融機関である日本政策金融公庫の場合、融資申請の基準は銀行のそれに比べて甘いようです。銀行のように実績ではなく、計画性を主に見ます。ですから審査が優しいと言われているんです。しかし勘違いしてはなりません。審査基準がやさしいと言っても、門前払いがないだけ。判断基準は基本的に銀行と同じです。その基準の数値が若干優しく設定されているだけなのです。ですから、日本政策金融公庫に融資申請する時も、返済能力、担保・保証能力を書類上でしっかりアピールしましょう。そうすれば事業を興すのに必要な融資を受けられることでしょう。





このページの先頭へ