何をするにもお金が必要。融資を受けたいならココで比較!

生活をしていれば、急にお金が必要になることはたびたびあります。手持ち資金で何とかなることの方が多いのですが、どうしてもどうにもならない時があり、そんな時に限ってどうしてもお金が必要!って時なんですよね。理由はさまざまですが、返す見込みがある時は思い切ってカードローン融資を受けるというのも一つの手ですよ。カードローンというのは銀行が発行する貸し付け専用カードのことです。銀行はピンからキリまでありますが、ここでは大手銀行のカードローンをご紹介します。大手銀行なら安心ですし、とりわけ始めてお金を借りるという方には、安心は一種の「保険」となりますから。

一つめに紹介するのは三菱東京UFJ銀行カードローンです。申し込み人気NO.1との声もある、人気の融資カードです。この三菱東京UFJ銀行カードローンはネットからでも申し込み手続きが可能です。しかし、どうしても急ぎという方は「テレビ窓口」を利用することによってより早い融資を受けることができます。実質年率は4.6~14.6%、利用限度額は500万円となっています。

次に紹介するのは、みずほ銀行カードローンです。このみずほ銀行カードローンの一つの特典は、みずほ銀行住宅ローン利用者は金利-0.5%となります。融資を受けられた後の返済ですが、自動引き落としも可能ですし、任意返済やみずほダイレクトを利用した返済もあり、早め早めの返済ができるカードローンですからとても安心できます。実質年率は5.0~14.0%です。そして利用限度額は三菱東京UFJと同じく500万円となっています。

最後にご紹介するのは、楽天銀行スーパーローンです。こちらの楽天銀行スーパーローンもインターネットでの利用環境に強く、パソコンやモバイルでも融資申し込みが出来ます。いつでもどこでも必要な時にお金を借りられるというわけですね。ちなみに実質年率は4.9~14.5%です。メガバンクカードローンに引けを取りません。そして利用限度額も500万円ですから、この楽天銀行のスーパーローンも見逃せません。

いつでもどこでも融資を得られる便利な時代になりました。それだけお金を借りるのが楽な分、返済に対しての認識も必要になってきます。返済が十分に望めるならばこうしたカードローンを利用して融資を受けましょう。返済の望みが全くない場合は審査も通らないでしょうけど、審査云々の前に正しい心構えを持つことから始めましょう。





このページの先頭へ