融資された資金はきちんと返済しよう、でもどうやって?

起業!憧れのマイホーム!それを手にするのに受けた融資。しかしその融資も簡単に言えば借金です。いつかは必ず返さなければならないお金です。でも返し方も大きな問題です。融資側が「まとめて一括で返して下さい」と言ってきても、何百万何千万というお金を一括で返せるわけはありません。クレジットカードの一括払いとは訳が違います。そうした融資の返済方法というのは、融資を受けた時点で契約しておくのが一般的です。では返済方法にはどんな種類があるかおさらいしておきましょう。

ここで紹介する主な返済方法は3つあります。
・元金均等返済
・元利均等返済
・リボルビング返済

まずは「元金均等返済」ですが、これは毎回の返済額が元金を均等割にした額と利息として算出する額を返済する方式です。特徴は、返済を重ねていく度に元金が減り、支払うべき元金の減少に比例して利息も減るので、返済を重ねるたびに返済額が減っていきます。初回返済額は少し多めですが、返済額がどんどん減っていくので心理的負担が少ないかも知れません。

対照的なのが「元利均等返済」です。返済方式はというと、まず最初に元金と利息の合計を算出し、返済開始から返済期間終了までの期間均等の金額を払い続ける返済方式となります。毎回の返済額は一定ではあるのですが、返済合計で比較すると「元金均等返済」の方がお得です。

後は「リボルビング返済」方式ですが、これは利用金額の残高にかかわらず、毎月の返済額を一定にする返済方法です。一般的に、借入金額によって返済回数は変わります。メリットは、利用可能な金額内であれば、借入金額に関わらず毎月決めた金額だけ払えば良い、という点です。しかしデメリットは、借入金額が大きければ大きいほど返済回数も増加し、利子負担も大きくなります。

融資の返済方法は様々です。借りた業者や自分の都合によって返済方法も変わってくるかもしれません。毎月の返済額や、トータルの返済額といった数字的なものだけを見るのではなく、自分の生活スタイルや今後の計画なども十分に考慮して返済方法を決定しましょう。





このページの先頭へ