銀行からの融資は返済すべきもの。でも返済に困ったらどうする?

中小企業経営者が銀行から融資を受ける事ができました。これからの経営拡大を推し進めていく原動力となることでしょう。しかし、肝に銘じておかなければならないのは、融資とは返済すべきものです。銀行からお金を借りているわけですから、必ず返済しなければならないお金です。しかし景気動向が不安定な時代ですから、経営が悪化し、返済が難しくなることもあるでしょう。そんな時はどうしたら良いのでしょうか?消費者金融にでも行って、資金繰りの為のお金を借りてくれば良いのでしょうか?そういう手がないわけではありませんが、賢明な選択とは言えないかもしれません。借金に借金を重ねるのは、下手すると蟻地獄に陥ることになり兼ねません。

そんな時に考慮したいのが、「リスケジュール」です。通称「リスケ」と呼ばれています。これは返済スケジュールを変更することです。もちろん勝手にリスケできるわけではありません。貸し手である銀行にお願いをする必要があります。もし仮に、その返済条件の変更が認められた場合、返済がストップするか或いは減額してもらえます。それは新たな資金調達と同じ効果がありますから、まずは銀行にリスケの申請をしに行くのが賢明です。もちろんこちらは借り手なわけですから、「どうかよろしくお願い致します」といった、謙虚な姿勢で挑まなければならないのは言うまでもありません。

リスケに関する注意点ですが、返済が遅滞してからお願いしに行くのでは効果がありません。返済が通常通り行われている時、返済スケジュール変更の必要性を感じたらすぐに貸し手側の銀行へお願いしに行くことです。銀行側の印象は全く違います。リスケジュールが認められるか否かに大きく影響を及ぼしますので、早いうちに相談に行くことにしましょう。

リスケの申請を願い出る場合、資金繰りが改善することにより業績回復にめどが経つことを上手にアピールしなければなりません。また、銀行にリスケをお願いするということは、返済に大きな調整を加えるということです。銀行側に納得してもらえるように、例えば役員報酬を引き下げる約束や、更なる経費削減の計画を実行することも伝えましょう。そうすればたいていの場合、自分の希望通りまではいかないにしてもリスケ申請が受諾されるものと思われます。

返済は滞りなく実行されるべきものです。しかし万が一の時の手段として、このリスケという方法で資金繰りを調整できるということを覚えておきましょう。大切な会社や部下たち、また部下の家族も救うことになるかもしれません。





このページの先頭へ