こんな融資方法もあります、不動産担保ローンとは?

数ある融資の中で、不動産担保ローンとはどんな融資制度でしょうか。それは文字通り土地や建物などの不動産を担保として融資を受け入れるローンのことです。これはフリーローンなので受けた融資資金の用途に制限はありません。法人でも個人でも自分の都合に合わせて資金を活用することができます。

この不動産担保ローンの特徴はと言いますと、借入額の上限額が比較的高めに設定されており、返済期間も長めに設定できます。よく誤解されがちですが、不動産担保ローンと住宅ローンは別物です。住宅購入の為に組む住宅ローンは、購入したその不動産を担保として設定します。それとは対照的に不動産担保ローンは単に不動産を担保としてローンを組んでいるだけです。住宅購入の為に融資を受ける住宅ローンとは内容が異なるわけです。しっかりと区別して覚えておきましょう。

この不動産担保ローンの種類は大きく分けると2つに分類できます。一つは返済方法により、もう一つが貸し手側の会社によって分類できます。返済方法では元利均等返済方法や元金据え置き一括返済方法などがあります。また融資をしてくれる会社は、銀行・信販系、消費者金融系などに分けられます。返済方法や利用業者にはそれぞれのメリットとデメリットがありますから、よく吟味して選択すると良いでしょう。

不動産を担保とすると、たいてい不動産評価額の6~8割程度の金額が融資可能と言われています。しかし選択する業者によっても評価額は異なります。また一般的に言えるのは、6割の融資と8割の融資では金利が違います。6割の場合金利は低く、8割の場合金利は高くなる傾向にあるので、自分の都合に合う融資を受けるようにしましょう。また融資を受ける時には、事務手数料がかかってくることもお忘れなく。

不動産担保ローンと一言では言えるものの、選択肢は様々です。しかし、より重要になってくるのは選択する業者でしょう。やはり高額のお金が関わってきますから、ちょっとばかり金利が高くても信頼性・安全性の高い業者で融資を受けたいものです。より良い選択ができるよう、自分なりに業者の調査をオススメします。





このページの先頭へ