財政難に苦しむ中小企業へ助けを差しのべる融資専門家、商工中金

財政難に苦しむ中小企業が少なくありません。そんな企業に助けを差しのべる融資専門家がいます。それが商工中金です。商工中金とはどんな企業なのか、ここで詳しく取りあげていきたいと思います。

この商工中金の正式名称は、株式会社商工組合中央金庫です。昭和11年に設立されたこの会社、設立目的はというと、中小企業等協同組合その他主として中小規模の事業者を構成員とする団体及びその構成員に対する金融の円滑化を図るために必要な業務を営むことです。その目的を果たすために、この会社の資本金の約半分は、政府保有株式となっています。政府がバックアップしている会社、政府系の会社なんです。ですからここからもし融資を得られるとなると、それは心強いものです。

この商工中金では様々な融資の種類が提供されています。設備資金や長期運転資金のための融資を営む一般融資を始め、国の施策に基づく様々な貸付制度によりサポートが可能な、国の施策と連携した融資制度もあります。組織化、組合共同事業支援のための融資もありますし、業界団体の制度融資も用意されています。その他中小企業振興、経営安定、先端技術育成などを目的とした地方公共団体の各種預託制度の為の融資も扱っています。種類は豊富ですから、各中小企業のニーズに合った融資を受けられることでしょう。

では実際に融資を受けるとなると、どんな流れで融資を受けられるのでしょうか。一般的な融資手続きの流れを見てみましょう。まず融資が受けられるかどうかの相談を、最寄りの商工中金本店または支店でできます。その時は会社案内や決算書などが用意されていると、相談もスムーズです。実際に融資を申し込むことになると、融資検討のための資料を提出することになります。例えば、会社案内や決算書3期分、商業登記簿謄本、見積書、事業計画書等です。それから検討の際には、希望融資額や将来の事業計画・見通しを提出することになり、それに基づき商工中金は融資可否を検討します。そして実際に融資が決まると正式に契約し、その後返済を商工中金預金口座からの自動振替で行なっていきます。これが融資に関わる一貫の流れとなります。

政府系ですから、何かと優しい対応が期待できます。もちろん審査基準もありますが、聞くところによると銀行の基準よりは若干ハードルが低いとも言われています。しかし実際に審査を受けないと分かりませんし、各企業の状況によっても異なるでしょう。まずは、最寄りの商工中金で相談してみるのは如何でしょうか?





このページの先頭へ